打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • 打撲したところ
    が腫れてきた

  • ぶつけた部位
    を押すと痛い

  • あざができて
    しまった

  • 頭をぶつけて
    こぶができた

身近だからこそしっかり対処したい「打撲」

ちょっと身体をぶつけてあざが出来てしまった、といった経験は誰しもお持ちかと思います。

 

打撲はとても身近なケガではありますが、ぶつけた場所によっては

危険なケガになってしまうこともあります。

 

軽く考えてしまうことも多い打撲ですが、しっかり対処できるようにしておきましょう。

打撲改善メニュー Recommend Menu

打撲はぶつけた箇所によっては重症になることがあります

打撲は「打ち身」とも呼ばれ、身体の一部を打ち付けるなど外部から強い衝撃を受けることで皮下組織や筋肉などを損傷してしまうことを言います。
軽いものから重い症状の出るものまでさまざまで、特にぶつけた箇所によって症状が変わることがあります。

 

【打撲の症状】

 

打撲をすると患部やその周辺が炎症を起こし、熱感や腫れが出ます。
疼くような痛みを感じることも多く、皮膚が青紫色に変色する「あざ」が現れると内出血を起こしている可能性があります。
患部は直後よりもしばらく時間が経ってから激しく痛み出すケースもあります。
頭部を打撲した場合は「こぶ」ができることもあります。

また、打撲では次のような箇所をぶつけることで重い症状に発展することがあります。

 

●頭や顔をぶつけた場合

出血や腫れの有無に関わらず、脳に損傷を受けている場合があります。
症状が遅れて出てくることがあるため注意が必要です。

 

●腹部や背中をぶつけた場合

打ち所が悪かったり強く打ったりした場合は、内臓が傷ついて出血したり破れたりすることがあります。
ケガの後すぐ、または数時間経ってから嘔吐するような場合は危険性が高いです。

 

●骨折

ぶつけた衝撃が強いと骨が折れていることがあります。
触ると耐え難い痛みがあったり、ケガの後みるみる腫れあがるような場合は骨折の疑いがあります。

 

【打撲の原因】

 

●スポーツでの衝突

スポーツの接触プレーで発生することが多くみられます。
人同士でなく物にぶつかったり、転倒して地面に打ちつけて打撲することも多いです。

 

●転倒・転落

段差でつまいづいて転倒したり、高いところから落下するなどして身体を打ち付けてしまうと打撲になります。
バランスを崩すため頭やお腹をぶつけてしまうことも多く、高齢で骨が脆くなっていると骨折に繋がるケースもあります。

 

●日常生活

日常生活を送る中で家具に身体をぶつけてしまい打撲してしまうことがあります。

 

●交通事故

狭い車内に身体を打ち付けてしまったり、車や自転車とぶつかったり転倒することで重い打撲を負うことが多いです。

応急処置が早期回復に繋がります

打撲は軽いものから重いものまで症状がさまざまです。
内出血がみられず軽く捉えていたら実は重い症状だった、といったケースもあります。
打撲をしてしまった際はきちんと応急処置を施しましょう。

 

【打撲の対処法】

 

●応急処置

打撲のようなケガには「RICE処置」を行うことが一般的です。

 

・R:Rest=安静
安全な場所に移動して患部を動かさないようにします。
頭や腹部など危険な部位を打ち付けた時は特に安静にするようにしましょう。

 

・I:Ice=冷却
アイスパックや、氷水をビニールに入れたものをタオルで巻いて患部を冷やしていきます。
応急処置としてアイシングを行うことで患部の腫れなどを抑える効果が期待できます。

 

・C:Compression=圧迫
打撲は皮下出血が起きている可能性があるため、血液が流れて患部から離れた部分にも腫れやあざが広がることがあります。
患部を圧迫することで痛みや腫れが広がることを抑えます。

 

・E:Elevation=挙上
血腫の形成を最小限に抑えるため、台などを利用して患部を心臓より高い位置に固定しましょう。

●テーピング

応急処置後もテーピング行うことで患部を固定して安静に保つことができます。
また、患部の保護にもなるため外部からの衝撃でケガが悪化することを防ぐ効果が期待できます。

 

●頭部や腹部をぶつけた場合

特にお子さんの場合は自分の身体の違和感を上手く伝えられず、気づいた時には重症化している可能性もあります。
頭部や腹部を強くぶつけた際は早めに医療機関に行くようにしましょう。

西葛西中央整骨院の【打撲】アプローチ方法

当院では主にアイシングテーピングなどを行います。

受傷の部位や強さによっては内圧の上昇や後遺症を残してしまう場合もあるため、状態をみて施術内容の判断を行っていきます。
受傷部位によっては腫れが残りやすいことがあるので、打撲だからと安易に考えず早めにご来院ください。

また、日常生活での過ごし方もしっかりアドバイスさせていただきます。

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では骨折や捻挫、脱臼、肉離れ、打撲などの原因が明確にわかるケガに対して各種健康保険を使用し、施術を行うことができます。
組織の損傷等により炎症を起こして熱、腫れを起こしている部分に対しては冷却療法を行い、痛みの抑制を目指します。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高い電圧による刺激が身体の深部まで届くため、深いところにある筋肉の緊張改善が期待できます。
また、神経に作用するため痛みの鎮静や神経の興奮を鎮める効果が期待できます。
肩・腰の痛みにはもちろん、神経痛や腱鞘炎などにもおすすめの施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に対して磁石やステンレスなどの金属の突起物がついたテープを貼ることで刺激を与えて不調の改善を目指す施術です。
身体に刺激を与えることで、電流のバランスを整え痛みの緩和や可動域の向上を目指し、頭痛や消化機能の低下による症状、自律神経の乱れによる症状の緩和が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類があるため、関節の固定や筋力強化、筋肉の過度な収縮の抑制、圧迫、腫れの軽減など、目的に合わせて使い分けることができます。
当院では患者さんお一人おひとりの生活環境や運動の強度、ケガの度合いなどに合わせたテーピングを行います。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉には表面を覆う筋膜という膜があり、本来筋肉と筋膜はお互いが滑るようにして動いています。
強い負荷や使いすぎなどで筋肉と筋膜に癒着が起こると、関節の可動域が狭くなったり痛みが生じる原因になってしまうため、手技による刺激や特殊な器具を使って癒着を剥がすことで症状の改善を目指します。

 

■温熱療法

湿度の高い熱を身体の内部まで浸透させて症状の改善を目指す施術です。
温めた蒸しタオルや電気を熱に変換するホットパックを使い、ケガをして硬くなっている組織や損傷の痕を温めていきます。
また、消化機能を改善するために腸もみをする準備としてお腹を温める場合もあります。

著者 Writer

著者画像
院長:小林 謙介(コバヤシ ケンスケ)
生年月日:昭和62年9月12日生まれ
出身:江戸川区西葛西
血液型:B型 
患者さんに一言:地元西葛西のために必死に頑張ります!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西中央整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-22-3
最寄:東西線 西葛西駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中