肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • 急にジャンプを
    したら太ももが
    痛くなった

  • ふくらはぎが
    痛くて歩く
    ことが困難

  • 肉離れの
    再発が怖い

  • 運動中に
    ブチッという
    音が聞こえた

つらい肉離れを繰り返さない対策をしましょう

「肉離れ」は急なダッシュやターンなど、運動時に起こることが多くみられます。

 

スポーツにケガはつきものとはいえ、

強い痛みで動けなくなってしまうこともある「肉離れ」は避けたいものです。

 

肉離れが起こってしまった際には適切な応急処置を行い、

早期回復と再発防止を目指しましょう。

肉離れ改善メニュー Recommend Menu

体調を整えておくことが肉離れの予防に繋がります

筋肉が急激に収縮し、その負荷に負けて筋肉が断裂してしまうことを「肉離れ」と言います。
急な動きをした際に起こることが多いためスポーツ中、特に走り出しやジャンプの瞬間などに太ももやふくらはぎに起こることが多いと言われています。

この「肉離れ」はなぜ起こるのでしょうか。

 

【肉離れの原因】

 

●柔軟性の低下

筋肉や関節が硬直し柔軟性を失った状態で運動を始めると、急な動きに対応できず肉離れになることがあります。
普段運動していない方や、ウォーミングアップが不足していると身体が硬いままの状態である場合が多く、肉離れになる可能性があります。

 

●筋力低下や疲労の蓄積

筋力の低下や疲労の蓄積によるパフォーマンスの低下を無理をして補おうとしてしまい、肉離れを起こしてしまうことがあります。

 

●水分不足

体内の水分が不足すると筋肉にも必要な水分が行き渡らなくなり、筋肉の硬直に繋がります。
また、アルコールの分解には大量の水分を必要とするため、飲酒後の運動は肉離れを起こす可能性が高くなると言われています。

 

●冷え

身体が冷えると筋肉への血流が不足し、足がつりやすくなります。
足がつるということは「筋肉が強く収縮している」状態であるため、無理に動かそうとしてしまうことでそのまま肉離れになってしまうことがあります。

 

【肉離れの症状】

 

患部に痛みが発生し、症状の度合いによっては内出血もみられます。
炎症によって腫れることもあれば、断裂した部分がへこんだようにみえることもあります。

痛みは伸ばしたり力をかけた際に増幅する傾向があり、足の肉離れの場合歩行が困難になる可能性もあります。

早期回復のための適切な対処を行いましょう

肉離れのようなケガを負ってしまった際、まずは応急処置を行うことが重要です。

放っておくことで再発を繰り返すようになったり、症状が長引く場合、身体のバランスが崩れてゆがみが生じてしまうこともあります。

そうならないためにも、肉離れは早期の回復を目指して対処をしましょう。

 

【RICE処置】

●R:Rest(安静)

炎症を伴うケガをした場合、安静にして患部をなるべく動かさないようにすることで炎症が広がることを防ぎましょう。

●I:Ice(冷却)

アイシングをすることによって炎症を鎮める効果が期待できます。また、内出血の予防や痛みの緩和にも繋がります。
ビニールに入れた氷や保冷剤をタオルなどで巻いて冷やしましょう。
痛みの感覚がなくなるまで10~20分ほど冷やして、その後また痛みを感じ始めたら再度冷やすと言うことを繰り返します。

●C:Compression(圧迫)

テーピングや弾性包帯を使って患部を圧迫することで、内出血を予防したり炎症が広がることを防いで腫れや痛みを緩和する効果が期待できます。
きつく巻きすぎないよう様子をみながら巻き、違和感がある場合はすぐに緩めましょう。

●E:Elevation(挙上)

患部をなるべく心臓より高い位置に挙げて保ちます。
心臓に向かって血液が流れていくため、内出血による腫れを抑えることに繋がります。

 

【肉離れの回復について】

 

肉離れは回復までに軽症でも半月ほど、一般的には3~5週間かかると言われています。
その間は運動ができず筋力や柔軟性も低下してしまうため、回復したからといってケガをする前と同じように動いてしまうと、肉離れが再発してしまう恐れがあります。

そのため、早めの施術で早期回復を目指し、回復後まで適切な対処を行うことが重要になります。

西葛西中央整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

カウンセリングやエコー検査によって、どこの筋肉に損傷があるのかを特定していきます。

炎症をとるための「アイシング」「テーピング」「超音波療法」や中周波、筋肉の動きを抑えるための固定や組織の回復を促すための圧迫を行っていきます。

また、炎症がおさまったら筋肉を回復して元に戻すために「温熱療法」「筋膜ストレッチ(リリース)」を行います。

患部の負荷を軽減させるために骨格矯正を行うこともあります。

 

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では骨折や捻挫、脱臼、肉離れ、打撲などの原因が明確にわかるケガに対して各種健康保険を使用し、施術を行うことができます。
組織の損傷等により炎症を起こして熱、腫れを起こしている部分に対しては冷却療法を行い、痛みの抑制を目指します。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高い電圧による刺激が身体の深部まで届くため、深いところにある筋肉の緊張改善が期待できます。
また、神経に作用するため痛みの鎮静や神経の興奮を鎮める効果が期待できます。 肩・腰の痛みにはもちろん、神経痛や腱鞘炎などにもおすすめの施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に対して磁石やステンレスなどの金属の突起物がついたテープを貼ることで刺激を与えて不調の改善を目指す施術です。
身体に刺激を与えることで、電流のバランスを整え痛みの緩和や可動域の向上を目指し、頭痛や消化機能の低下による症状、自律神経の乱れによる症状の緩和が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類があるため、関節の固定や筋力強化、筋肉の過度な収縮の抑制、圧迫、腫れの軽減など、目的に合わせて使い分けることができます。
当院では患者さんお一人おひとりの生活環境や運動の強度、ケガの度合いなどに合わせたテーピングを行います。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉には表面を覆う筋膜という膜があり、本来筋肉と筋膜はお互いが滑るようにして動いています。
強い負荷や使いすぎなどで筋肉と筋膜に癒着が起こると、関節の可動域が狭くなったり痛みが生じる原因になってしまうため、手技による刺激や特殊な器具を使って癒着を剥がすことで症状の改善を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:小林 謙介(コバヤシ ケンスケ)
生年月日:昭和62年9月12日生まれ
出身:江戸川区西葛西
血液型:B型 
患者さんに一言:地元西葛西のために必死に頑張ります!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西中央整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-22-3
最寄:東西線 西葛西駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中