原因不明の痛み・しびれ
(足・足の裏)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)によくある症状

  • 足に痛みや
    しびれを感じる
    ことがある

  • 足がしびれる
    原因が
    わからない

  • 腰痛とともに
    足にも痛みが
    出てきた

  • 階段の上り下りがつらく
    なってきた

足の痛みやしびれの原因は足以外にある可能性があります

足は身体の不調が影響しやすい箇所だと言われており、足の痛みやしびれから

腰や内臓などの不調に気付く、ということもあります。

 

原因のわからない足の痛みやしびれがどこからきているのか、考えてみましょう。

原因不明の痛み・しびれ改善メニュー Recommend Menu

痛みやしびれは「神経の圧迫」で起こります

足の神経は腰やお尻を通って繋がっています。
そのため、足に痛みやしびれが出る原因は腰周辺の不調にあるのではないかと考えることができます。

 

【足の痛みやしびれの原因】

 

●神経が圧迫されること

神経が圧迫されると、その神経が司っている部位に痛みやしびれが現れます。

 

・坐骨神経痛
坐骨神経が圧迫されることで起こる症状です。
お尻やふとももなどに痛みしびれが出ることがあります。

 

・腰痛
腰の周囲で滞った血液が神経を圧迫してしまうことがあるため、痛みやしびれの発生に繋がります。

 

・骨盤のゆがみ
身体のバランスが崩れることで神経や血管を圧迫してしまうことがあります。

 

また、病気が原因で神経が圧迫されてしまうこともあります。

 

・腰椎椎間板ヘルニア
腰椎の椎間板が破れて、飛び出した髄核が神経を圧迫することで痛みやしびれが現れます。

・足根管症候群
・扁平足
・外反母趾

足先に通っている神経を圧迫してしまい、足首や足裏、足指に痛みやしびれが現れることがあります。

詳しい症状は違いますが「エコノミークラス症候群」も下半身が圧迫されて血流が悪くなることで起こる病気です。

 

●炎症によるもの

「変形性股関節症」「関節リウマチ」などは加齢などが原因で組織が変性して炎症を起こすことで痛みやしびれが発生します。

 

●内臓の病気

消火器系の内臓病気の場合、症状の一つとして足に痛みしびれが現れることがあります。

さまざまな原因に合わせた対処法

足の痛みやしびれが出る原因は「神経の圧迫」であることが多いということでしたが、神経を圧迫してしまう原因は多岐に渡ります。
症状の改善のためにはそれぞれに合わせた対処法を行うことが必要です。

 

【足の痛みやしびれの対処法】

 

●骨盤のゆがみが原因の場合

自宅でも手軽に行える「骨盤矯正体操」などでゆがんでしまった骨盤を整えていきましょう。
クッションやタオルを膝に挟んだ屈伸運動や、お尻歩きなどがセルフエクササイズとしておすすめされています。

また、これ以上骨盤がゆがまないよう悪い姿勢やくせを直す心がけもしていきましょう。
まずは「きちんと座る」「足を組まない」「猫背を正す意識をする」など一つずつ悪いくせをなくしていきましょう。

 

●腰痛が原因の場合

腰を温めたりストレッチを行うことで血流を促進し、今ある腰痛を緩和していきましょう。
さらに、腰をサポートしてくれる腹筋・背筋を鍛えることで腰痛が悪化することを防ぐ効果が期待できます。

猫背反り腰は腰に大きな負担を与えてしまうため、横からみたときに「くるぶし・膝・骨盤・肩・耳」が一直線になるような姿勢を意識して生活してみましょう。
前のめりにならないように踵重心の意識で、歩く時はそのまま踵から足先へと重心移動させて歩くと綺麗に歩けます。

 

●坐骨神経痛が原因の場合

お尻や股関節の柔軟性をアップさせることが改善に繋がります。
簡単なストレッチを毎日コツコツと続けることが大切です。

 

●病気が原因の場合

まずは医療機関で何の病気でどのように対処をすべきかをみてもらいましょう。
保存療法が必要な場合は病気の部位に負担がかからないよう意識して生活を行いましょう。

西葛西中央整骨院の【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)】アプローチ方法

まずはじめに神経の圧迫部位の特定やカウンセリング、理学検査を行います。
圧迫している筋肉や関節に対して「手技療法」「ハイボルト療法」ストレッチを行い神経圧迫の改善を目指します。
また、圧迫部位に負荷をかけている身体の使い方や身体のゆがみを検査し、矯正を行っていきます。

しびれを感じて不安な方が多いためしっかり検査を行い、内科的な病気かどうかの見極めも行っていきます。

原因をきちんとご説明し、必要に応じて精密検査のため医療機関へのご紹介をさせていただく場合もあります。

 

【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高い電圧による刺激が身体の深部まで届くため、深いところにある筋肉の緊張改善が期待できます。
また、神経に作用するため痛みの鎮静や神経の興奮を鎮める効果が期待できます。
肩・腰の痛みにはもちろん、神経痛や腱鞘炎などにもおすすめの施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に対して磁石やステンレスなどの金属の突起物がついたテープを貼ることで刺激を与えて不調の改善を目指す施術です。
身体に刺激を与えることで、電流のバランスを整え痛みの緩和や可動域の向上を目指し、頭痛や消化機能の低下による症状、自律神経の乱れによる症状の緩和が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類があるため、関節の固定や筋力強化、筋肉の過度な収縮の抑制、圧迫、腫れの軽減など、目的に合わせて使い分けることができます。
当院では患者さんお一人おひとりの生活環境や運動の強度、ケガの度合いなどに合わせたテーピングを行います。

 

■骨格矯正

背骨、骨盤を中心にその他関節や頭蓋骨の矯正を行います。
ゆがみが出る原因はお一人おひとり異なるため、矯正する必要がある箇所を特定した上で患者さんの体質や症状などに合わせて施術を行っていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉には表面を覆う筋膜という膜があり、本来筋肉と筋膜はお互いが滑るようにして動いています。
強い負荷や使いすぎなどで筋肉と筋膜に癒着が起こると、関節の可動域が狭くなったり痛みが生じる原因になってしまうため、手技による刺激や特殊な器具を使って癒着を剥がすことで症状の改善を目指します。

 

■超音波療法

超音波療法では超音波による振動を身体の深部まで直接伝えることができるため、筋肉の硬結や損傷した組織の回復を早める効果が期待できます。
骨折にも効果が高く骨の癒合期間を早める効果も期待できます。
※骨がまだ完成しきっていない小児は部位によって禁忌となります。

 

■温熱療法

湿度の高い熱を身体の内部まで浸透させて症状の改善を目指す施術です。
温めた蒸しタオルや電気を熱に変換するホットパックを使い、ケガをして硬くなっている組織や損傷の痕を温めていきます。
また、消化機能を改善するために腸もみをする準備としてお腹を温める場合もあります。

 

■PIA

金属や磁石を利用して人間の身体に本来からある生体の磁場や生体電流の乱れを整え、さまざまな症状を改善する施術法です。

著者 Writer

著者画像
院長:小林 謙介(コバヤシ ケンスケ)
生年月日:昭和62年9月12日生まれ
出身:江戸川区西葛西
血液型:B型 
患者さんに一言:地元西葛西のために必死に頑張ります!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西中央整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-22-3
最寄:東西線 西葛西駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中