捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 転んで手を
    ついたら手首
    を痛めた

  • 子どもを
    抱っこして
    いたら手首が
    痛くなった

  • 段差を
    踏み外して
    足を捻った

  • スマホや
    パソコンが
    原因で腱鞘炎
    になった

適切な対処が重要になる「捻挫・腱炎・腱鞘炎」

「捻挫・腱炎・腱鞘炎」は靭帯や腱を損傷してしまうことで起こるとされています。

 

足や手などに起こることが多いこれらのケガは

生活に支障をきたしてしまうことも少なくありません。

 

しっかり対処をすることで早期回復を目指し、ケガがくせになることを防ぎましょう。

捻挫・腱炎・腱鞘炎改善メニュー Recommend Menu

それぞれの原因を知って予防に役立てましょう

「捻挫・腱炎・腱鞘炎」はよく聞くケガではありますが、なぜ症状が起こってしまうのか詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。

ケガについて知ることは予防にも繋がります。

まずは捻挫・腱炎・腱鞘炎それぞれの原因と症状をみていきましょう。

 

【捻挫について】

 

●原因

捻挫は捻ったり挫いたりすることで関節部分が傷つくことで起こります。
関節部分には靭帯や軟骨、関節包などがあり、関節に大きな力が加わることでこれらが損傷してしまって捻挫となります。

スポーツ中や転倒などで起こることが多いため足や手、指にみられることが多いですが、関節であればどこにでも起こる可能性があります。

 

●症状

・痛みと腫れ
捻挫の主な症状で、損傷した部分に発生します。

・歩行困難
一番重い「靭帯断裂」になると関節が不安定になり、損傷部位が足の場合は歩けなくなってしまうケースもあります。

 

【腱炎・腱鞘炎について】

 

筋肉が骨に付着する箇所を「腱」、その腱を保護している被膜を「腱鞘」と言います。

 

●原因

腱や腱鞘が炎症を起こすことで発症します。

・腱炎
原因がはっきりしていない部分も多いですが、加齢による腱の脆弱化やスポーツなどでオーバーユースすることで起こると言われています。

・腱鞘炎
腱と腱鞘が擦れ合うことで炎症を起こします。
こちらも指を酷使する仕事の方や、スポーツやパソコン・スマホなどで指を使いすぎることで起こることが多いです。
慣れない赤ちゃんのお世話で腱鞘炎を起こしてしまうこともあり、「初産腱鞘炎」と呼ばれることもあります。

 

●症状

・痛み
動かしたり押したりすると痛みを感じ、近くの関節を動かすだけでも痛みが生じることがあります。

・腫れ
炎症により腫れがみられることが多いです。

・動かしづらさ
腱鞘炎の場合、腱と腱鞘がスムーズに動かなくなってしまっているため、引っ掛かりのようなものを感じることがあります。
症状が重い場合はしびれて動かなくなるケースもあります。

早期回復のためのケアが重要です

原因を知って予防を心がけても、ケガというものは完全に防げるものではありません。

ケガをしてしまった場合は、その後の対処が重要になります。

ここでは「捻挫・腱炎・腱鞘炎」になってしまった際の対処法についてご紹介します。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎の対処法】

 

●応急処置

ケガをしたと思ったら、まずは応急処置をしましょう。
「捻挫・腱炎・腱鞘炎」には一般的に「RICE処置」がとられます。

 

【RICE処置】

・R:Rest=安静
安静にすることで患部の炎症の悪化を防ぎます。

・I:Ice=冷却
冷やすことで痛みと内出血を抑えます。
15分程度冷やすことを痛みが引くまで繰り返しましょう。

・C:Compression=圧迫
患部を圧迫することで痛みや腫れを抑えます。

・E:Elevation=挙上
患部を心臓より高い位置に挙げることで炎症の広がりを抑えます。

 

●安静にする

とにかく動かさないようにすることが重要ですが、足や手指の場合なかなか難しい場合もあります。
その場合はテーピングを利用することがおすすめです。
必要以上に患部を動かしてしまわないように固定する役割や、筋肉をサポートしてくれる効果も期待できます。

 

●「冷やす」と「温める」を使い分ける

ケガ初期の炎症が起きて痛みが強い時には、冷やすことで炎症を鎮める効果が期待できます。
ケガから少し経過し、痛みが引いてきた頃には温めて血行を促進することで早期回復に繋がると言われています。
手軽に使える冷感・温感湿布などを利用することも良いでしょう。

西葛西中央整骨院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

捻挫では損傷した組織の超音波による検査やカウンセリングを行います。

患部の損傷に伴う周囲の組織の乱れを確認した上で、受傷初期は「アイシング」の他に、「超音波療法」や中周波による組織の回復促進を目指します。
また、包帯やテーピングによる「固定」を行います。

腱炎・腱鞘炎では、どこの腱に痛みがあるのかをまず確認します。
原因となる筋肉や腱に対して柔軟性をつけたり、炎症を引かせるための「アイシング」を行うこともあります。
また、「超音波療法」「ハイボルト療法」「テーピング」、包帯サポーターによる「固定」を行うこともあります。

また、負荷をかけない身体の使い方や寝起きでの患部の動かし方についてアドバイスを行うこともあります。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では骨折や捻挫、脱臼、肉離れ、打撲などの原因が明確にわかるケガに対して各種健康保険を使用し、施術を行うことができます。
組織の損傷等により炎症を起こして熱、腫れを起こしている部分に対しては冷却療法を行い、痛みの抑制を目指します。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高い電圧による刺激が身体の深部まで届くため、深いところにある筋肉の緊張改善が期待できます。
また、神経に作用するため痛みの鎮静や神経の興奮を鎮める効果が期待できます。
肩・腰の痛みにはもちろん、神経痛や腱鞘炎などにもおすすめの施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に対して磁石やステンレスなどの金属の突起物がついたテープを貼ることで刺激を与えて不調の改善を目指す施術です。
身体に刺激を与えることで、電流のバランスを整え痛みの緩和や可動域の向上を目指し、頭痛や消化機能の低下による症状、自律神経の乱れによる症状の緩和が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類があるため、関節の固定や筋力強化、筋肉の過度な収縮の抑制、圧迫、腫れの軽減など、目的に合わせて使い分けることができます。
当院では患者さんお一人おひとりの生活環境や運動の強度、ケガの度合いなどに合わせたテーピングを行います。

 

■骨格矯正

背骨、骨盤を中心にその他関節や頭蓋骨の矯正を行います。
ゆがみが出る原因はお一人おひとり異なるため、矯正する必要がある箇所を特定した上で患者さんの体質や症状などに合わせて施術を行っていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉には表面を覆う筋膜という膜があり、本来筋肉と筋膜はお互いが滑るようにして動いています。
強い負荷や使いすぎなどで筋肉と筋膜に癒着が起こると、関節の可動域が狭くなったり痛みが生じる原因になってしまうため、手技による刺激や特殊な器具を使って癒着を剥がすことで症状の改善を目指します。

 

■温熱療法

湿度の高い熱を身体の内部まで浸透させて症状の改善を目指す施術です。
温めた蒸しタオルや電気を熱に変換するホットパックを使い、ケガをして硬くなっている組織や損傷の痕を温めていきます。
また、消化機能を改善するために腸もみをする準備としてお腹を温める場合もあります。

著者 Writer

著者画像
院長:小林 謙介(コバヤシ ケンスケ)
生年月日:昭和62年9月12日生まれ
出身:江戸川区西葛西
血液型:B型 
患者さんに一言:地元西葛西のために必死に頑張ります!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西中央整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-22-3
最寄:東西線 西葛西駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中