脱臼でお悩みの方へ

脱臼によくある症状

  • 関節の外れる
    音が聞こえた

  • テニスの
    スマッシュで
    脱臼した

  • 脱臼を何度も
    繰り返す

  • 脱臼による
    痛みがつらい

脱臼は早期対処が大切です。

脱臼をすると、激しい痛みと関節への違和感が発生します。
ラグビーやサッカーなどの衝突の多いスポーツや、大きく肩を動かすテニスなどの

スポーツでよく見られるケガです。

 

また、日常生活においても不注意による転倒や衝突で起こることがあります。

 

脱臼は早期対処することで早期改善が期待できるため、

症状や改善方法について詳しくご紹介していきます。

脱臼早期回復メニュー Recommend Menu

脱臼の種類や症状の特徴について

脱臼とは本来の位置から関節にある骨が外れてしまった状態のことを指します。
脱臼と言っても、受傷具合によって症状や状態は異なります。
どのような脱臼の種類があり、どんな症状が出現する可能性があるのかご紹介していきます。

 

【脱臼の種類と症状】

 

●脱臼の種類

脱臼は、脱臼の状態によって「完全脱臼」「不完全脱臼」に分けられます。
関節が完全に離れた状態を完全脱臼と言い、関節が部分的にずれている状態を不完全脱臼と言います。
また、脱臼の原因によっても種類を分けることができます。
関節に外力が加わることで起こる「外傷性脱臼」や病気が原因で起こる「病的脱臼」、筋肉の麻痺によって起こる「麻痺性脱臼」、関節包の拡張で起こる「拡張性脱臼」、関節の組織が破壊されることで起こる「破壊性脱臼」といった種類があります。

 

●脱臼の症状

脱臼を起こすと、脱臼した部分に激しい痛みを生じます。
関節周辺の靭帯なども損傷することから腫れや可動域の制限などの機能障害も現れます。
脱臼したことで周辺の血管が損傷すれば関節内に血が溜まり、関節血種になってしまうような場合もあります。
見た目では脱臼していることが判断できないこともあれば、外見上明らかに変形するケースもあります。
また、脱臼は繰り返し起こってしまうことも多く、日常の何気ない動きでも再脱臼してしまうことも少なくありません。
繰り返す動作などによって関節が不安定になっていれば不安定症と呼ばれ、違和感や痛みが残ってしまうリスクもあります。

脱臼は日常生活の中で予防できます。

脱臼を経験したことのある方は、再び脱臼してしまうのではと不安に思うのではないでしょうか。
日常生活の中でできる脱臼の予防方法もあります。
脱臼が再発しないように予防方法を日常で取り入れ、もし脱臼を起こしても早期改善できるように対処方法も知っておきましょう。

 

【脱臼した場合】

 

脱臼した直後には、すぐに応急処置をすることが大切です。
応急処置をすることで悪化を予防し、症状の改善も早める効果が期待できます。
受傷したら動かさないように安静にし、脱臼した部分の周辺をアイシングします。
包帯やテーピングがあれば固定して、心臓よりも高い位置に受傷部位を挙げるようにしましょう。
こうした応急処置はRICE処置と呼ばれ、応急処置の基本方法になります。

【再発防止のためにできること】

 

●日常生活における予防方法

脱臼を予防するためには、脱臼の原因となりやすい転倒衝突を予防することが大切です。
年齢を重ねると筋力や柔軟性は低下し、転倒や衝突などのアクシデントを起こしやすくなります。
運動不足も加われば筋肉や関節は硬くなり、ますます動かしにくくなります。
日常的にストレッチや運動で柔軟性や筋力を高めることを意識すれば、筋肉や関節が急な転倒や衝突に対応できるため脱臼の予防にもつながります。

 

●スポーツにおいてできる予防方法

スポーツでは、準備運動不足によって筋肉や関節が硬い状態のまま運動を始めることで脱臼を起こす可能性が高くなります。
しっかりとストレッチや準備運動を行うようにしましょう。
スポーツで繰り返し脱臼を起こしているような場合には、脱臼しやすい部分は無理に動かさないようにすることも大切です。
フォームの見直しや筋トレで関節の安定性を高めることで脱臼の予防につながります。

西葛西中央整骨院の【脱臼】アプローチ方法

脱臼が疑われる患部の状態を徒手検査超音波(エコー)検査により関節の状態やその他の損傷の有無を確認し、関節の骨の位置関係を整復(骨の位置を戻す)して固定をします。
当院で脱臼を保険で加療するために一度レントゲンでの検査を提携している専門の医療機関で受けていただき、継続して施術をすることが可能です。
脱臼に伴うその他の組織の損傷や状態によっては大きな病院での検査が必要な場合は整復、固定等の応急処置をして紹介状を作成します。
脱臼をした関節は適切な処置ができていないと反復性脱臼となることがあるのでその後の生活に影響がないよう関節周囲のトレーニングや可動域の回復までをしていきます。

 

【脱臼に対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では骨折や捻挫、脱臼、肉離れ、打撲などの原因が明確にわかるケガに対して各種健康保険を使用し、施術を行うことができます。
組織の損傷等により炎症を起こして熱、腫れを起こしている部分に対しては冷却療法を行い、痛みの抑制を目指します。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高い電圧による刺激が身体の深部まで届くため、深いところにある筋肉の緊張改善が期待できます。
また、神経に作用するため痛みの鎮静や神経の興奮を鎮める効果が期待できます。
肩・腰の痛みにはもちろん、神経痛や腱鞘炎などにもおすすめの施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉には表面を覆う筋膜という膜があり、本来筋肉と筋膜はお互いが滑るようにして動いています。
強い負荷や使いすぎなどで筋肉と筋膜に癒着が起こると、関節の可動域が狭くなったり痛みが生じる原因になってしまうため、手技による刺激や特殊な器具を使って癒着を剥がすことで症状の改善を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:小林 謙介(コバヤシ ケンスケ)
生年月日:昭和62年9月12日生まれ
出身:江戸川区西葛西
血液型:B型 
患者さんに一言:地元西葛西のために必死に頑張ります!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西中央整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-22-3
最寄:東西線 西葛西駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中