膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 歩き始めに
    膝に違和感
    がある

  • 長時間歩く
    ことがつらい

  • 膝の痛みで
    正座ができない

  • 立ち上がる時
    に膝が痛む

あなたの膝の痛みの原因はなんでしょうか

膝の痛みは「病気によるもの」「ケガによるもの」

「それ以外の原因」の3つに分けられます。

 

なんとなく、自分の膝の痛みは歳のせいだと思い込んでいませんか。

 

原因をしっかり見極めて適切な対策をとりましょう。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

老若男女に起こり得る「膝の痛み」

膝の痛みは加齢に伴って発症することが多いと言われ、中年層で悩まれている方が多くみられます。
また、日頃からスポーツを行っている方にも膝の痛みで悩まれている方もいらっしゃいます。
なぜ膝の痛みが発生するのかをみていきましょう。

 

【膝の役割】

 

膝の骨と骨の間には関節軟骨とそれらに挟まれるように半月板があり、この構造がクッションの役割を果たしています。
また、4本の靱帯が結ばれていることで骨のずれを防いで安定させ、関節の微妙な動きをサポートしてくれています。
この構造のおかげで、身体を動かした時にかかる荷重を分散させて筋肉の力を効果的に下腿に伝え、膝を滑らかに動かすことができています。

 

【膝の痛みの原因】

 

●病気の場合

・変形性膝関節症
膝のクッションの役割をしている関節軟骨がすり減ってしまい、炎症が起きたり関節が変形したりすることで痛み腫れが生じます。

・関節リウマチ
関節が炎症を起こして軟骨や骨が破壊されることで関節の機能が損なわれ、徐々に関節が変形してしまう病気です。

 

●ケガの場合

・半月板損傷
半月板にひびがはいったり欠けたりすることで痛みが生じ、膝を曲げ伸ばしする際に引っかかるような感じがするようになります。

・膝関節靭帯損傷
膝の靭帯に損傷が生じることで膝に痛み腫れが出たり、うまく動かせなくなったりします。

 

●それ以外の場合

・膝への負荷が大きい
膝への負担が大きくなりすぎることで、構成している骨や関節包、靱帯、軟骨、筋肉などが傷つくと先述した病気やケガになったり、痛みが発生して関節が不安定になることがあります。
普段の姿勢の問題や間違った筋肉の使い方、肥満などは膝の痛みの原因になる可能性があります。

また、関節を支える筋肉の量が低下すると、その分膝にかかる負担も大きくなってしまため、高齢の方には膝の痛みで悩んでいる方が多いと言われています。

・オーバーユース
スポーツなどで膝を酷使していると、膝周辺の組織が炎症を起こして痛みが発生することがあります。

・関節の動きが悪い
膝関節の動きが悪い状態で無理に動かそうとすることで痛みが出ることがあります。
また、膝関節がしっかり動かない状態では周辺の筋肉にも影響を及ぼしてしまい、膝に大きな負担をかけることにもなってしまいます。

膝の痛みには原因に合わせた対処法を行いましょう

膝の痛みの原因は病気やケガ、それ以外によるものと多岐に渡ります。
そのため、原因に合わせた対処を行うことが重要となります。
こちらでは、それぞれに合わせた対処法をご紹介していきます。

 

【膝痛の対処法】

 

●変形性膝関節症

膝周りの筋肉を鍛えて関節を安定させ、膝にかかる負担を減らすことが大切です。
無理のない程度の軽い有酸素運動や筋トレ、ストレッチなどの運動習慣を身につけましょう。

 

●関節リウマチ

バランスのよい食事と十分な睡眠をとりつつ、調子の良い時に身体を動かすようにしましょう。

膝を温めることはもちろん、冷やさないようにすることも重要です。
また、湿気の多い場所もよくないと言われているため除湿器などを活用するようにしましょう。

 

●半月板損傷や膝関節靭帯損傷などのケガ

まずは安静にして無理に動かさないようにします。
ケガの重さによっては手術療法がとられる場合もあるため、医療機関に相談するようにしましょう。

 

●それ以外の原因への対処法

姿勢の見直しや肥満の解消など、膝に負担のかかることを減らすよう心がけましょう。
スポーツなどでは回数を決めたり人に合わせて練習するのではなく、自分の膝の調子をよく観察しながら行いましょう。

 

【膝痛の予防法】

 

●筋力と柔軟性をアップさせる

膝を支えてくれる膝周りの筋力アップを目指しましょう。
ウォーキングなどの軽い有酸素運動を続けることも効果的です。
また、筋肉や関節が硬くなって動きにくくなると膝痛に繋がってしまうため、ストレッチなども欠かさず行うようにしましょう。

 

●膝への負担を軽減する

膝に負担をかける姿勢をなるべくとらないようにしましょう。
内股や腰を使わず足だけで歩くような歩き方は負担が大きいです。

また、体重が重くなればなるほど膝にかかる負担も大きくなります。
膝痛が起こる前に減量を心がけましょう。
スポーツなどをしている場合はウォーミングアップ・クールダウンをしっかり行い、ケアを忘れず充分な休息をとって回復させることを意識しましょう。

西葛西中央整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

高齢の方の場合は、筋力低下によって関節が不安定になり変形が起こることがあります。
負荷のかかっている部分に対して手技で温めるような施術や、膝の安定性を高めるようなトレーニングを行っていきます。

また、関節内に炎症を起こして水が溜まってしまうこともありますが、それは水を抜くだけでは原因となる炎症が残ってしまいます。
再発を繰り返してしまうことも多くみられるため、炎症を引かせて関節の環境を整えるために矯正を加えていきます。

運動を行っている方には、膝のどこに痛みがあるのかを各種検査により特定し、手技療法テーピング超音波包帯固定などで症状改善を目指していきます。

また、患部に症状が出てしまった原因の特定と改善のために身体の使い方のくせや運動をする際のくせを見つけ、矯正や運動のアドバイスを行っていきます。

筋力低下がみられる場合はトレーニングメニューをご提案させていただきます。
急性のケガの場合は、患部の特定、損傷度合いをカウンセリングや検査で確認していきます。

アイシングをしてテーピングや包帯固定、損傷度合いが強度の場合は固定具を作成したりと、必要に応じて精密検査のために医療機関にご紹介することもあります。

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高い電圧による刺激が身体の深部まで届くため、深いところにある筋肉の緊張改善が期待できます。
また、神経に作用するため痛みの鎮静や神経の興奮を鎮める効果が期待できます。
肩・腰の痛みにはもちろん、神経痛や腱鞘炎などにもおすすめの施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に対して磁石やステンレスなどの金属の突起物がついたテープを貼ることで刺激を与えて不調の改善を目指す施術です。
身体に刺激を与えることで、電流のバランスを整え痛みの緩和や可動域の向上を目指し、頭痛や消化機能の低下による症状、自律神経の乱れによる症状の緩和が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類があるため、関節の固定や筋力強化、筋肉の過度な収縮の抑制、圧迫、腫れの軽減など、目的に合わせて使い分けることができます。
当院では患者さんお一人おひとりの生活環境や運動の強度、ケガの度合いなどに合わせたテーピングを行います。

 

■骨格矯正

背骨、骨盤を中心にその他関節や頭蓋骨の矯正を行います。
ゆがみが出る原因はお一人おひとり異なるため、矯正する必要がある箇所を特定した上で患者さんの体質や症状などに合わせて施術を行っていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉には表面を覆う筋膜という膜があり、本来筋肉と筋膜はお互いが滑るようにして動いています。
強い負荷や使いすぎなどで筋肉と筋膜に癒着が起こると、関節の可動域が狭くなったり痛みが生じる原因になってしまうため、手技による刺激や特殊な器具を使って癒着を剥がすことで症状の改善を目指します。

 

■ドレナージュ
【DPL】

身体の冷えや足のむくみ・疲労感、筋緊張、腰の痛みの改善を目的にした施術です。
足先から足底、下腿部、膝裏、大腿部の順番にリンパマッサージを行い、リンパ液(体の老廃物を排出するために運搬する液体)や血液の循環改善を目指します。
また、足の状態が悪く腰の動きに制限がある場合にもおすすめの施術です。

 

■カッピング

丸い器具を真空状態にして肌を吸引してから外すことにより血流を改善し、筋肉の緊張や張りによる痛み、血行不良による冷え、消化機能が過剰に働くことによる症状などの改善を目指します。
真空状態にするため肌に赤く丸い痕が残りますが3日~4日で消え、見えなくなります。

 

■温熱療法

湿度の高い熱を身体の内部まで浸透させて症状の改善を目指す施術です。
温めた蒸しタオルや電気を熱に変換するホットパックを使い、ケガをして硬くなっている組織や損傷の痕を温めていきます。
また、消化機能を改善するために腸もみをする準備としてお腹を温める場合もあります。

著者 Writer

著者画像
院長:小林 謙介(コバヤシ ケンスケ)
生年月日:昭和62年9月12日生まれ
出身:江戸川区西葛西
血液型:B型 
患者さんに一言:地元西葛西のために必死に頑張ります!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西中央整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-22-3
最寄:東西線 西葛西駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中