外反母趾でお悩みの方へ

外反母趾によくある症状

  • 足の親指が
    変な形で
    恥ずかしい

  • 靴を履くと痛い

  • 足の裏が
    しびれるようになった

  • 足が痛くて
    上手く歩けない

現代人に増えている「外反母趾」

足の指をギュッと握ったりパッと開いたり、

といった運動ががスムーズに行えますでしょうか。

 

現代人は足指の力が鍛えられにくく、足指を自由に使えない方も多いです。
そういった方々に「外反母趾」が増えてきています。

 

現代の外反母趾は「遺伝」でなくとも起こる可能性があります。

外反母趾改善メニュー Recommend Menu

外反母趾は遺伝だけではありません

外反母趾とは足の親指の付け根の関節が人差し指側に向かって曲がった状態のことを言います。
親指の付け根の部分が突き出すため、変形がわかりやすいことが特徴です。
外反母趾の原因には「先天性」のものと「後天性」のものがあります。

 

【外反母趾の原因】

 

●先天性のもの

先天性の場合は「生まれつき」の内的要因です。

よく聞く「外反母趾の遺伝」は外反母趾を引き起こす可能性の高い、次のような要素が遺伝されることを指します。

 

・足の形
親指が一番長い足の形をしていると靴によって圧迫されやすく、外反母趾のリスクが上がります。

また、生まれつき足の裏の横や縦のアーチがない「扁平足」「開帳足」も外反母趾を引き起こすことがあります。

 

・関節の緩さ
生まれつき関節が緩い傾向がある方は変形しやすいため外反母趾のリスクが高くなります。

 

●後天性のもの

後天性で内的要因がある場合は生まれつきでない病気です。
「関節リウマチ」などの病気で全身の関節が緩みやすくなると足の指も変形しやすくなるため、外反母趾が発症することがあります。

後天性の原因の多くは外的要因で、次のようなものが挙げられます。

 

・靴
足に合っていない靴は小さくても大きくても大きな負担になってしまいます。
また、ハイヒールは体重が全て足先にかかってしまうため、その負担は普通の靴に比べて4cmヒールで約1.5倍、9cmヒールで約3倍にもなると言われています。
合わない靴やヒールの高い靴を履くことで正しい歩き方ができなくなることも外反母趾を引き起こす原因となります。

 

・歩き方

つま先から着地したり、足の裏全体を地面につけるような歩き方をしていると足指への負担が大きくなります。
また、内股の方は親指に体重がかかりやすくなってしまうため外反母趾のリスクが高まります。

 

・生活習慣
現代人は裸足でいる時間が減少し、さらに歩く距離も短くなっているため足の筋力が低下している方が増えています。
すると足の筋骨格が正常に形成されず、アーチが崩れることで足の親指の角度を保つ筋力も低下してしまい外反母趾に繋がります。

足の筋肉を鍛えて外反母趾を食い止めましょう

外反母趾は見た目のインパクトも強いですが、それ以外にも痛みやしびれによって歩くことに支障が出たりと放っておけない症状です。
「外反母趾かもしれない」という方も今はまだなっていない方も、症状の進行を防ぐための対策や予防をしっかり行っていきましょう。

 

【外反母趾の症状】

 

●痛みや腫れ

靴を履くと変形した親指部分が擦れてしまい、炎症を起こして痛み腫れが発生します。

また、親指に力が入らなくなって歩く時に他の指に体重をかけることにで、負担のかかっている指の付け根タコができ、これが痛みを発することがあります。

 

 

●しびれ

外反母趾によって変形が起こる部分には親指に向かう神経が通っているため、変形によってその神経が影響を受けると足の親指にしびれが出ることがあります。

 

●人差し指、中指の脱臼

親指が内側に曲がり続けていくと、人差し指や中指の下に入り込んでいきます。
すると持ち上げられたそれらの指が脱臼してしまうことがあります。

 

【外反母趾の予防法】

 

●自分に合った靴を履く

靴を選ぶときは実際に履いてみて、足先が圧迫されないものを選びましょう。
ただし、大きすぎると靴の中で足先がつんのめってしまい、結果大きな負担になってしまうことがあるため注意してください。

ハイヒールは負担が大きいためなるべく避けたいものですが、どうしても履かなければならない場合はヒールがなるべく低いものや太くて安定感のあるものを選び、履いている時間をなるべく短くしましょう。
サンダルや下駄など鼻緒のある履物を履くと足指の筋力アップに繋がり、外反母趾予防の効果が期待できます。

 

●足の筋力をつける

家にいる時は裸足で生活するようにしましょう。
自然と足の指や裏を使うため筋力アップの効果が期待できます。
タオルを床において足の指で手繰り寄せる運動や、ゴムひもを両足の親指につけてひっぱる運動なども取り入れて足の筋力を鍛えましょう。
足指を手でマッサージするようにストレッチしてあげると関節の拘縮の予防にも繋がります。

 

●正しい歩き方で沢山歩く

歩幅は少し大きめに歩き、踵から着地するようにしましょう。
姿勢は上から吊られているような気持ちで上半身を伸ばし、力みすぎず肩の力を抜いた状態で歩けるよう意識してみてください。
正しい歩き方で足に負担をかけないよう、少しでも多く歩くことで足の筋肉を鍛えていきましょう。

西葛西中央整骨院の【外反母趾】アプローチ方法

外反母趾は遺伝的な要素が原因の場合もありますが、足の筋力低下によって起こることが多いです。

外反母趾になってしまった原因や患部に何が起きているのかをお伝えし、親指の付け根の関節の負荷を軽減するために筋肉に刺激を与えて矯正を行っていきます。

その上で足のトレーニングや歩き方の改善、身体の加重バランスの見直し、生活の中での注意事項をお伝えします。

 

 

 

【外反母趾に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高い電圧による刺激が身体の深部まで届くため、深いところにある筋肉の緊張改善が期待できます。
また、神経に作用するため痛みの鎮静や神経の興奮を鎮める効果が期待できます。
肩・腰の痛みにはもちろん、神経痛や腱鞘炎などにもおすすめの施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に対して磁石やステンレスなどの金属の突起物がついたテープを貼ることで刺激を与えて不調の改善を目指す施術です。
身体に刺激を与えることで、電流のバランスを整え痛みの緩和や可動域の向上を目指し、頭痛や消化機能の低下による症状、自律神経の乱れによる症状の緩和が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類があるため、関節の固定や筋力強化、筋肉の過度な収縮の抑制、圧迫、腫れの軽減など、目的に合わせて使い分けることができます。
当院では患者さんお一人おひとりの生活環境や運動の強度、ケガの度合いなどに合わせたテーピングを行います。

 

■骨格矯正

背骨、骨盤を中心にその他関節や頭蓋骨の矯正を行います。
ゆがみが出る原因はお一人おひとり異なるため、矯正する必要がある箇所を特定した上で患者さんの体質や症状などに合わせて施術を行っていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉には表面を覆う筋膜という膜があり、本来筋肉と筋膜はお互いが滑るようにして動いています。
強い負荷や使いすぎなどで筋肉と筋膜に癒着が起こると、関節の可動域が狭くなったり痛みが生じる原因になってしまうため、手技による刺激や特殊な器具を使って癒着を剥がすことで症状の改善を目指します。

 

■温熱療法

湿度の高い熱を身体の内部まで浸透させて症状の改善を目指す施術です。
温めた蒸しタオルや電気を熱に変換するホットパックを使い、ケガをして硬くなっている組織や損傷の痕を温めていきます。
また、消化機能を改善するために腸もみをする準備としてお腹を温める場合もあります。

著者 Writer

著者画像
院長:小林 謙介(コバヤシ ケンスケ)
生年月日:昭和62年9月12日生まれ
出身:江戸川区西葛西
血液型:B型 
患者さんに一言:地元西葛西のために必死に頑張ります!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西中央整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-22-3
最寄:東西線 西葛西駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中