四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • じっとして
    いても肩が痛い

  • 肩こり対策が
    全く効かない

  • 腕が上がらなく
    なってしまった

  • 肩を動かすと
    痛みが出る

肩こりとは違う「四十肩・五十肩」

肩が痛くて肩こり対策をしても全く効果がない、といった経験はありませんか。

その症状は肩こりではなく「四十肩・五十肩」かもしれません。

 

四十肩・五十肩の場合、肩こりの対策を行っても改善がみられない可能性が高いです。

症状が悪化する前に正しい対処法を行えるようにしましょう。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

「四十肩・五十肩」と「肩こり」の違い

四十肩・五十肩は医学的には「肩関節周囲炎」と言いますが、40代・50代に起こることが多いため通称として「四十肩・五十肩」と呼ばれています。

四十肩・五十肩を肩こりが悪化した結果だと考えている方がいらっしゃいますが、肩こりとは別の症状になります。

 

【四十肩・五十肩の症状】

 

肩関節まわりの筋肉や靭帯が炎症を起こす症状を「四十肩・五十肩」と言います。
何がきっかけで発症したのかがわからないケースが多く、時間をかけて悪化していくことがみられます。

 

●急性期

痛みが強い時期で鋭い痛みが多く、「安静時痛」「夜間痛」に悩まされることがあります。

 

●慢性期

痛みが引いてきて鈍い痛みに変わります。
同時に肩の可動域が狭くなってきて、腕が上がらず日常生活に支障をきたすこともあります。

 

●回復期

肩関節の拘縮が改善してきて、少しずつ腕が動かせるようになっていきます。

 

 

【肩こりとの違い】

 

肩こりとの明確な違いは「可動制限があるかどうか」です。
肩こりは筋肉の疲労や緊張による血流の悪化が主な原因であるため、ひどくなっても腕が動かせなくなるというようなことはあまりみられません。

 

【四十肩・五十肩の原因】

 

<肩関節周辺の炎症>

肩関節周辺の組織が炎症を起こす原因は明確にはなっていませんが、次のようなことが考えられています。

・血液循環の悪化

血液循環が悪化することで肩関節周辺の組織に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまい、不調を引き起こし炎症に繋がることがあります。

 

・関節の柔軟性の低下

関節が硬くなるとスムーズ動かすことができず動かすたびに負担がかかるため、それが蓄積されて炎症の発症に繋がります。

 

・加齢による組織の変性

腕の筋肉と骨を繋いでいる腱板が加齢とともに変性することで炎症を起こすことがあります。
また、加齢は筋肉や腱の水分も失われるため肩関節周辺の柔軟性の低下にも繋がります。

血行促進で四十肩・五十肩を対策しましょう

四十肩・五十肩は症状も原因も肩こりとは異なります。

そのため、対処法や予防法も肩こりと同じでは効果が期待できない可能性があります。

四十肩・五十肩に向けた対策を行いましょう。

 

【四十肩・五十肩の対処法】

 

●急性期

できるだけ肩を使わず安静にするようにしましょう。
仕事などで不安な場合は三角巾やアームスリングなどで固定することもおすすめです。
患部が熱を持って痛む場合は保冷剤などで冷やすことで痛みの緩和が期待できます。

 

●慢性期

痛みがひどくならない程度のストレッチなどで血行を促しましょう。
入浴やホットタオルタオルなどで患部を温め、温めていない間も身体を冷やすことのないように心がけましょう。

 

●回復期

慢性期よりも少しずつ強度の高い運動やストレッチを取り入れていきましょう。
肩の関節を無理なく動かして血行を促す意識でしっかり行いましょう。

 

【四十肩・五十肩の予防法】

 

●同じ姿勢で長時間過ごさない

同じ姿勢を長時間続けていると筋肉が固まってしまいます。
こまめに身体を動かすタイミングを作って筋肉が固まってしまわないようにしましょう。

 

●肩のストレッチを習慣化する

肩の筋肉や関節を定期的に動かすことで筋肉の緊張と柔軟性の低下を防ぎます。
腕を水泳のクロールのように大きく回すなど、簡単で大きな動きが効果的です。

 

●血行促進を意識する

血行が悪くなると全身にさまざまな不調を引き起こします。
身体は冷えると血行が悪くなるため、毎日入浴してしっかり温まったり、温かいものを食べて内側から温めることを意識しましょう。
身体を温める作用のある「ショウガ」や血管を広げる作用のある「酢」などを食事に取り入れることもおすすめです。

西葛西中央整骨院院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

四十肩・五十肩というのはあだ名のようなもので、正式には肩関節周囲炎と言います。

名前の通り肩関節の周囲に起こるさまざまな症状の総称となるので、痛みが出る箇所や原因はお一人おひとり違います。

そのため原因はどこにあるのか、どこの組織が動きの邪魔をしているかなどを特定してそこに対して施術を行っていきます。

症状によっては組織に炎症を起こしている場合もあるので「アイシング」「包帯」をすることもあります。

痛くて生活に支障が出ている方が多いので、患者さんの生活を知った上で、どのようなことに困っているのか把握し、症状のご説明と生活の改善のアドバイスを行っています。
生活のアドバイスに関しては原因を把握してもらった上で、セルフケアをご提案することもあります。

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高い電圧による刺激が身体の深部まで届くため、深いところにある筋肉の緊張改善が期待できます。
また、神経に作用するため痛みの鎮静や神経の興奮を鎮める効果が期待できます。
肩・腰の痛みにはもちろん、神経痛や腱鞘炎などにもおすすめの施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に対して磁石やステンレスなどの金属の突起物がついたテープを貼ることで刺激を与えて不調の改善を目指す施術です。
身体に刺激を与えることで、電流のバランスを整え痛みの緩和や可動域の向上を目指し、頭痛や消化機能の低下による症状、自律神経の乱れによる症状の緩和が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類があるため、関節の固定や筋力強化、筋肉の過度な収縮の抑制、圧迫、腫れの軽減など、目的に合わせて使い分けることができます。
当院では患者さんお一人おひとりの生活環境や運動の強度、ケガの度合いなどに合わせたテーピングを行います。

 

■骨格矯正

背骨、骨盤を中心にその他関節や頭蓋骨の矯正を行います。
ゆがみが出る原因はお一人おひとり異なるため、矯正する必要がある箇所を特定した上で患者さんの体質や症状などに合わせて施術を行っていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉には表面を覆う筋膜という膜があり、本来筋肉と筋膜はお互いが滑るようにして動いています。
強い負荷や使いすぎなどで筋肉と筋膜に癒着が起こると、関節の可動域が狭くなったり痛みが生じる原因になってしまうため、手技による刺激や特殊な器具を使って癒着を剥がすことで症状の改善を目指します。

 

■カッピング

丸い器具を真空状態にして肌を吸引してから外すことにより血流を改善し、筋肉の緊張や張りによる痛み、血行不良による冷え、消化機能が過剰に働くことによる症状などの改善を目指します。
真空状態にするため肌に赤く丸い痕が残りますが3日~4日で消え、みえなくなります。

著者 Writer

著者画像
院長:小林 謙介(コバヤシ ケンスケ)
生年月日:昭和62年9月12日生まれ
出身:江戸川区西葛西
血液型:B型 
患者さんに一言:地元西葛西のために必死に頑張ります!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西中央整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-22-3
最寄:東西線 西葛西駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中