骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 転倒して足を
    骨折した

  • 痛くて腕が
    動かせない

  • 骨折を早く
    改善したい

  • 突き指か骨折か
    分からないが
    処置をしたい

骨折した時の対処や予防の方法を知っておきましょう

骨折は、日常的に誰にでも起こるケガです。

 

骨折すると捻挫や脱臼よりも痛みが強く、動かせないほどの痛みが生じます。
骨折した部分に腫れや変形が生じることもあります。
スポーツによる衝突や転倒に多く見られ、日常生活での不注意でも起こってしまいます。
また、加齢に伴って足腰が弱くなり、転倒しやすくなることで骨折も起こりやすくなります。

 

ここでは、骨折の症状や対処方法について詳しくご紹介していきます。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折の種類や症状はさまざまなものがあります

骨折といっても、全ての骨折が同じというわけではありません。
骨が完全に断裂している「完全骨折」と、部分的にヒビが入る「不完全骨折」に大きく分けられます。
また、骨折した原因によって外傷性骨折、疲労骨折、病的骨折などに分けることもできます。
ここでは主な骨折の症状についてご紹介していきます。

 

【骨折の症状】

 

●固有症状

骨折すると現れ、骨折と断定できる症状を固有症状と言います。
固有症状には、骨折箇所を動かすと関節以外の部分で骨が動く「異常可動性」や、骨折すると折れた骨の端同士が触れることで発される「軋轢音」が挙げられます。
また、明らかに外見で分かる変形や、「転位」と呼ばれる骨のズレが生じます。
転位は衝撃による一次転位や、外力によって負荷や引っ張りが起こる二次転位、側方転位、回転転位などさまざまなものが挙げられます。
また、発熱や精神的なショック症状、ショック症状から全身に虚脱症状が起こることもあります。

 

●局所症状

局所症状は、骨折とは断定できないものの骨折時にも現れる症状を指します。
主な局所症状は、熱を伴う腫れや、「機能障害」と呼ばれる一時的に受傷部位が鈍く動きにくくなる状態などが挙げられます。
また、骨折部位からの痛みである「自発痛」や圧迫による「圧迫痛」、「直達性局所痛」「介達痛」などさまざまな疼痛も症状として出現します。

 

●併発する可能性のある症状

骨折をした際に骨折箇所の周辺も損傷することで他のケガを併発する場合があります。
関節や筋肉、腱などの周辺組織が損傷すると痛み腫れの部位が拡大します。
また、折れた骨によって血管が損傷すると、出血を伴ったり血流障害を引き起こします。
それ以外にも、末梢神経が損傷することで麻痺や筋力低下が起こることもあります。

骨折した場合の対処や予防方法

骨折はいつ誰にでも起こる可能性があるケガなので、対処できるようにしておきましょう。
とくに衝突の多いスポーツをしている方や高齢の方は骨折する可能性が高いため、日常的に予防方法を取り入れることも大切です。

 

【骨折した時の対処法】

 

骨折した場合には、応急処置として「RICE処置」を行います。
受傷箇所を動かさないようにして安静にすることが大切です。
また、アイシングでを行うことで痛みが緩和され、患部周辺を圧迫することで内出血の抑制や固定する効果が期待できます。

【骨折の予防方法】

 

●ストレッチや運動を行う

日常的にストレッチを行えば柔軟性が高まるため、転倒など日常における骨折の予防につながります。
スポーツの前にはしっかりとストレッチや準備運動を行いましょう。
また、運動や筋トレによって筋力を高めれば、衝突などのアクシデントにも筋肉で耐えることができます。

 

●スポーツのフォームや練習を見直す

スポーツにおける骨折には、疲労骨折と呼ばれる「使いすぎ」による骨折も多くあります。
同じ部位に何度も外力が加わることで生じるため、スポーツにおけるフォームや練習方法を見直す必要があります。
特に、激しい運動や練習で疲労骨折が発生しやすいと言われています。

 

【骨折の治癒経過について】

 

骨折には4つの治癒経過期間があり、その期間を経て治癒していきます。
最初は「炎症期」と呼ばれ、骨折したことで炎症や出血を起こしている状態です。
痛みや腫れが出ているため、安静が必要な時期です。
次に「仮骨形成期」に入り、骨折した部分に仮骨ができて徐々に修復へと向かいます。
「仮骨硬化期」に入ると仮骨が硬くなり、「リモデリング(再造形)期」を迎えて元の状態へと回復していきます。

西葛西中央整骨院の【骨折】アプローチ方法

骨折が疑われる患部の状態を徒手検査やエコー検査により確認し、骨の連続性が絶たれてズレを起こしていた場合には「整復(骨の位置を戻す)」を行い固定をします。
当院で骨折を保険で加療するためには一度レントゲンでの検査を提携している専門の医療機関で受けていただき、継続して施術をすることが可能です。
骨折の部位や状態によっては大きな病院での検査が必要になるので、固定等の応急処置をして紹介状を作成します。
早期の骨の癒合後も温熱療法超音波照射などで組織の回復や固定によって動き悪くなった関節などのリハビリまでしっかり行い、不自由のない元の生活に戻れるようにしていきます。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では骨折や捻挫、脱臼、肉離れ、打撲などの原因が明確にわかるケガに対して各種健康保険を使用し、施術を行うことができます。
組織の損傷等により炎症を起こして熱、腫れを起こしている部分に対しては冷却療法を行い、痛みの抑制を目指します。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高い電圧による刺激が身体の深部まで届くため、深いところにある筋肉の緊張改善が期待できます。
また、神経に作用するため痛みの鎮静や神経の興奮を鎮める効果が期待できます。
肩・腰の痛みにはもちろん、神経痛や腱鞘炎などにもおすすめの施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉には表面を覆う筋膜という膜があり、本来筋肉と筋膜はお互いが滑るようにして動いています。
強い負荷や使いすぎなどで筋肉と筋膜に癒着が起こると、関節の可動域が狭くなったり痛みが生じる原因になってしまうため、手技による刺激や特殊な器具を使って癒着を剥がすことで症状の改善を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:小林 謙介(コバヤシ ケンスケ)
生年月日:昭和62年9月12日生まれ
出身:江戸川区西葛西
血液型:B型 
患者さんに一言:地元西葛西のために必死に頑張ります!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西中央整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-22-3
最寄:東西線 西葛西駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院 公式SNSアカウント 西葛西中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中